top of page

汎用コンバインパーツ換装

今年の営業が始まりました。


この時期行われるメイン業務は、トラクターでの田んぼの耕耘(こううん)、堆肥などの肥料撒き、排水器具などの修理、その他これは通年のことですが、精米や配達などが挙げられます。

スタッフは朝から其々の仕事に向かって行く。いつもの風景です。


営業3日目、私は先輩後輩と共に『汎用コンバイン』のパーツを大豆収穫仕様から、小麦収穫仕様に交換しました。



汎用コンバインは稲を含めて様々な作物を刈り取ることができますが、柏染谷農場ではこれを小麦と大豆の収穫に使用しています。


先輩に教わり、取説を見ながらの交換作業。

私は取説のイラストを見ながら実物を見付けることに不慣れで、パーツによっては結構時間が掛かってしまいました。

網やらカバーやらを交換し、刃の位置を調節するなど、項目は十数点。


併せて、コンバインに残っていた大豆を除去したり、交換したパーツを掃除したりといった内容でした。


それなりに大変でしたが、外側だけでは分からないダメージなどを知ることもできて、乗るときに役立つので、手順を忘れない内にまたやりたい作業です。


とにかくこれで6月の小麦収穫準備は完了。

汎用コンバインはそれまで倉庫でお休みとなります。


ではでは、また。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page