【全員農業 専門化(それしかできない人)を作らない。農業のプロ、仕事をオールマイティにできる人材。臨機応変に対応できるチカラを持てるように育てる。ローテーションできる人材量の確保。 

●逆に精米の【機械化で子育て母も働ける環境なども行いダイバーシティの促進にもつなげていく。

●自分の希望に向かいアクションできる環境。

●農業の業務や成り立ちを理解し、早出、休日出勤など

【業務の必要性を理解】し、自ら業務を組み立てられる人材。

●新規就農者は自分で組み立てができる、自分で考え行動できる人材。希望に燃える新卒者など。 

●県内だけでなく県外からも募集する。

【宿泊施設 (体験・24時間乾燥システムによる従業員の宿泊)

●そのための設備、福利厚生の充実が必要である。

 

●女性向けの設備。更衣室、トイレなど。 

女性農業希望者に叶う女子視点での環境構築。 

●女性の社会進出、農業での充実を目指す。女性のプロファーマーを育てる。

●採用ルートはアグリーンにも。説明会多数実施予定。 

●未経験でも各種大型免許】取得制度。 

【各研修プログラムを設け、学び、安心して仕事ができます。

農業をもっとアカデミックに。 教育期間3年・短期プラン。農業のノウハウ=業務の必要性を自ら転換できる能力を身につける。 

嫌だと思う=農業が理解できていない。もっと高度にアクションできる人材育成が必要。

知識を得ることで、農業従事者に必要な働き方や覚悟ができる。

​●働ける環境整備によって、男女差をなくす!スマート化。

【スマート農業 GPS田植え機で誰でも即戦力になれる環境に。近代的農業でカッコ良く仕事をし、活躍できる!!

スマート農業には何が必要かを従業員が理解し、アクションすること。

●チーム組織化、個々がプロ意識を持つと同時に、

マネジメント(上位伝達)の組織基盤の強化が必要。

●人材の質 ①政策マネジメント ②実務管理 

農業経営を目指す人材。 戦略を示すことのできる人材が必要。 

●会社と一緒に経営・運営をしていき中核になるモチベーションが必要。

●【データ農業】農業の情勢や動きを、常に情報をインプットできる環境。

 情報がいくRU業務システム、日々の業務に反映される、モニタシステム。 

●肥料の量、新肥料の情報。標準街でも対応できる情報。 ノウハウ化する。

刈り取りの見極め、水落ちのムラ。水管理のアクションの効率化。 乾燥能力と刈り入れの効率化。 

ドローンYA衛生データ。 

●実戦し、成功を収めることで、将来的にはコンサル業務もできるくらいの会社のチカラをつける。

今後どう、会社が成長していくのかを​戦略をわかりやすく。 

●単なる労働力ではないことを従業員自身が理解し、自分の高み、意識を変え、生き生きと働ける環境が必要である。

●会社の方針を明示。 会社の信用に。 

●取り組みをもっとアピールする。 

 人に優しい → とは。 

 環境に優しい農業をめざして! 

 → ①千葉エコ ②JGAP ③風味米 コシヒカリの風乾燥

  自家採受 品質保証 ハイブリット米