米作りをめざす市民グループ

染谷さんちの米クラブ

「日本の農業」応援団!
染谷 茂

「日本の農業」応撮団!

 

20 数年前、農業に夢と誇りを抱き米作りをはじめたが、昭和6 0 年頃から田んぼの周辺の道路が整備されると、一般の車が抜け道として利用するようになり、日に日に交通量が多くなった。

車が多くなるだけならよいが事故も多く、農作業中に幾度となく事故を目撃した。

また、道路脇で草刈をしていると、邪魔だとばかりクラクションを鳴らしながらスピードを落とさず、対向車とすれ違う車など、いつ事故にあうか不安を感じながら作業をしなければならない。

車が多くなるにつれ、もうーつの問題がある。車から捨てられる空き缶、空きビンなどで、今でこそ作業前にゴミ拾いは当たり前になったが、最初から素直に受け・入れられる事ではなかった。

拾っても拾っても無くならないゴミ、ゴミを捨てる車に敵意を持ちはじめ、空きビンを道路に叩きつけビンを割って「勝手にパンクでもしやがれ」と・・・。

また、拾ったゴミを入れた袋をいくつも道路に並べたり、抗議行動を起こすようになり、ゴミで自分の心が荒れてくるのを感じた。

その頃、評論家の竹村健一が「都市近郊で米や野菜を作っているから宅地が高いのだ、農地をつぶせば宅地が下がる。外国から安い米を輸入すれば物価は下がる。」と農業が経済の悪者のようにまくしたてた。「なんて嫌な野郎だ、テメーみてえな馬鹿がいるから農業、農地を粗末に考える人間がふえてしまうのだ」。

そんな、イヤーな環境の中で、農家が話し合い、「ゴミを捨てないで、車は安全運転を」と看板を立てたりして訴えてきた。また、農業の大切さ・農業の抱える問題を話し合ってきたが、それだけでいいのか疑問を持ちはじめた。農家だけで悩んでも何の解決にもならない、農業以外の人(消費者)に農業の必要性・農家の抱える問題を訴え、農業を理解してもらい自分達の味方を一人でも多くする事が大切だと思うようになった。

 

そんな時に、松戸の知人から「米作りの体験をさぜてくれないか」と話があった。

米作りを通じて自然の力や稲の力を感じ、田んぼに入りゴミ拾いをしたり、ドロンコになって田んぼの中から日本の国を見わたし、農業の大切さや農家の悩みを知ってもらいたい。

そして農家の味方になってほしいと。そんなこんなで話がまとまり、「染谷さんちの米クラプ」が発足した。会員が一人でも多くなり、農家の味方が増えることで自分の荒れた心が癒されるように感じるてくる。また、自分の意見や農場の作業の様子や作物の生育状態等をあぜ道だよりの発行とホームページを開き、消費者に情報の発信を始めた。

そしてより多くの人に農業の理解をしてもらい日本の農業の応援団となってくれることを願いたい。