大豆栽培について

品種 フクユタカ (晩生品種)

  平成20年頃から栽培を行っています。

  2018年作付け面積 1500a 15ha

栽培工程

●土づくり 6月

●播種(種まき)7月上旬

●防除  8月中旬

●雑草防除

●収穫 11月中旬

●乾燥・調整 12月

●大豆栽培の面白いところ

栽培に答えがなく、自分なりに工夫したり、前の年の反省を活かしながら

作業をやって裁可が出た時の喜びが大豆栽培の面白いところ。

 

●栽培で苦労したこと、大変なところ

毎年天候など条件が違うため、臨機応変に作業を進めなくてはいけないこと

草や病害虫との戦いに苦労しました。

 

農場で栽培された大豆は何になる?

豆腐屋さんに卸し、豆腐や油揚げに(柏市)

千葉県では、「タチナガハ」「サチユタカ」「フクユタカ」の3品種を奨励品種にしています。

柏染谷農場ではフクユタカを栽培してます。

 

●品種特性と播種時期

「フクユタカ」(晩生品種)7月上旬
7月上旬播種が収量・品質とも安定します。早播きや密植では、過繁茂や倒伏、蔓化の危険が高くなります。
7月上旬播種で成熟期は11月上旬~中旬となり、後作に麦を栽培するのは難しいです。

裂莢しやすいので適期の収穫が必要です。

 

●名前の由来

「だいず」は漢字で「大豆」と書きます。これは「大いなる豆」の意味から名付けられたとされています。

「大いなる」とは、偉大な、りっぱな、という意味です。

●大豆の生産量(収穫量)2018データ

1位 北海道 84,400t

2位 宮城県 17,100t

3位 秋田県 12,700t

28位 千葉県  902t

染谷農場では 〜ha 〜t

 

●育成工程

●育成のこだわり

​●こだわりの先のお客様へのベネフィット (食料としてのあらゆる活用、文化的料理への結びつきなど)